FXという金融商品

FXとは米ドル円やユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円、カナダドル円、スイスフラン円、南アフリカランド円など様々な通貨ペアを取引できる金融商品のことです。
インターネットやパソコンの普及により自宅に居ながらほぼ24時間取引が可能となりました。
最近ではスマートフォンでお出かけ先からでも取引ができます。

FXでは現物株には無い仕組みがご用意されています。
レバレッジと言う仕組みでは少ない預入証拠金でも効率の良い取引ができると言う特徴があります。

例えばレバレッジ10倍で取引すると通常よりも10倍のリターンが期待できるのです。
その代わりにリスクも10倍となりハイリターンハイリスクの取引となります。
ハイレバレッジをかけたまま週末持越しすると月曜日に何が起こるか分かりませんので、その日のうちに手じまいしたほうが良いです。
最悪のケースでは一度の取引失敗で追証が発生しかねませんので注意が必要です。
さらにFXではスワップポイントと言う仕組みがご用意されています。

スワップポイントは豪ドル円、NZドル円、南アフリカランド円など金利の高い国の通貨ペアをロングして持越しすると付与されます。
持越ししている期間中ずっと毎日付与されるのが特徴の一つとなっています。
金利の高い国の通貨ペアほど付与されるスワップポイントが多くなります。
まるで外貨預金のような魅力がありますが外貨預金はペイオフの対象外なので何かあった時が不安です。

しかし国内のFX会社では信託保全が義務化されていますので外貨預金より安心感があります。
スワップポイントはショートすると逆に支払が発生しますので注意して下さい。
現物株を取引すると証券会社への手数料が発生します。

しかし国内のFX会社の殆どで取引手数料は無料となっています。
取引手数料を気にしなくて済むと言うのが大きいです。
その代わりに現物株には無いスプレッドと言う取引コストがあります。
取引ツールに表示されている通貨ペアを見た時にBIDとASKと両方のレートがあるはずです。
BIDは売り値、ASKは買値で通常はASKのほうがレートが上になっています。
全く同時に売り買いしてもこの差がある分だけ取引コストとなるのです。
最近の国内のFX会社では原則固定のスプレッドを採用している所が多く、米ドル円で0.3銭ほどとわずかな取引コストとなっています。

あまり気にせずに取引ができますがスキャルピングと言ったわずかなpipsを狙って一日に何度も何度も取引を繰り返すトレーダーの場合は負担が大きくなることがあります。
こういった手法を用いるトレーダーはなるべくスプレッドの狭いFX会社を選んで取引したいところです。

以上、参照はwww.australiahighlow.comでした。

トレーディングツール

FXで資産運用を行っていくなら大変素晴らしい武器としてFX会社が提供するトレーディングツールを楽しんで活用する事が大変重要な事となります。

短期売買で収益を上げるにはやはり、普段の細かな値動きに対して大変敏感になっていく必要があります。

収益を上げる為には時に数分単位での値動きに関して敏感になっていく必要があるのです。

トレーディングツールをきちんと活用する事で、投資に関連する情報や売買のタイミング等、誰でも素晴らしい投資を身近に行っていけます。

各社の提供するツールを徹底的に比較していけば最適な投資方法を自分で学んでいく事ができます。